息子さん・・・

ハリウッド(?)俳優のマイケル・ダグラスさんの息子さんって、、、
薬物依存症なんですって、、知ってました?

死ぬか、刑務所か、、って、、、汗汗汗

大物の息子さんってどうしてこうも薬物に走ってしまうんだろうねー。
というよりも、誰かが導いてしまうんだろうなー。
マイケルはそっちに走らなかったみたいだ。
(多くの人がそうだ!!)

息子さんのことをインタビューで答えていて、血h汐屋として本当に苦労してるみたい。
そんなお父さんの心配をよそに、、、息子ったらーー!
しっかりしろーーー!
してくれーー!


というのもですね、、、私はマイケル・ダグラスが大好きなのだ。
しぶいし、あんな髪の毛ふさふさで(そこ??)ダンディーな人、他にいます?
なにやらせても演技はうまいし。
恰好いいよねー。
そんなマイケルが息子のことで悩んでるなんて、、くるしくなってしまうのだ。

二世よ!ちゃんといきてくれーー。
親が泣くーー。

遅すぎる

とあるレストランに質問事項を、こちらの事情とともに書いてメールしたが、
返事がすんごい遅かった。
謝りの言葉はあったけど、すでに遅かった。
どうしてそんなに遅いのか知らないけど、返事は早いに限るね。
早い方がいい印象を持てるし、こちらの」予定も立つってものだ。

そのときの状況は、規制してる時に家族とそのレストランへ行こうとしたが、
足の悪い人もいたので車で行くと。
そのさいに、駐車場はあるのか、タウンの中心部だったから、駐車場があるなら予約は必要なのか、などを聞いたんだけど。

それいぜんに、お休みが重なったときで、「この時期はやっているのか」なども。
返事はキチンとsったけど、でも遅いよ。
行くなら予定を立てなくちゃいけないし、その返事が来たのはもう帰省が終わるころだったのだ。
もちろん「この日はあいてますか?」はあって、その返事もあったけど、
いずれにしても遅いっての。

これでお客を逃したことにもなるんだよー。

もう行くことはないかな。。
行ってもいいけど、、こういう状況じゃなくて気軽にいけるときにね。

どうなんだろうね、、、こういうの。。
どう思います??

とある空港

とある空港ってのは不親切です。
どことは書きませんy、、、何かあっては嫌なので。

経由地なのにいったん入国審査をしなくてはいけない、というのが1つ。

掲示板がわかりにくい、というのが1つ。

空港が広い、というのも1つ。

さらに、電動カートに乗ると、乗ってからお金を請求されるのが1つ。

どうなっているのだ。まったく。
とにかく不便です。
利用したくはないんだけど、安いのがね、、、へへ。

でももうやっぱり利用したくない便です(とかいいながら安かったらまたやっちゃうんだよね)。
底の国の人達も好きではないし、とにかく言葉が通じないのもくやしい。
空港職員さん、簡単な英語くらい理解してーー。

それから、もっと優しくできませんかーー!?
世界共通だとおもうのですがね、このあたりは。

荷物が載せられないケースも多くて、いい加減さが分かります。
ちゃんと仕事してーーー!
スマホいじりながら検査しないでーーー。
もう少し笑顔もみせてーーー。

言いたいことはこのくらいかなーー。笑

掲示板も最近は分かりやすくなった、とのうわさですが、次回言ったら確認しておきます。

タイタニック再び

あの、1912年に沈んでしまったタイタニックの第二号が再びよみがえるらしい。
オーストラリアの大富豪が同じように設計した二号を、2022年に出航させるって言ってるらしいのです。
もちろん今度は沈没しないように設計してるし、ボートも人数分ちゃんと乗せて。
乗ろうとする人はいるのかもだけど、なんとなく気持ち悪いのも確かだなー。
また沈没したら・・・って考えちゃうよね。

さてそのタイタニックですが、あの、ディカプリオとケイト・ウインスレットの「タイタニック」
、もう何回も見ています。DVD持ってるしーー。
何度見ても感動もの。
ディカプリオの恰好よさとかね、毎回惚れ惚れします。
年齢がいった(100歳!)ローズ役の女優さんは亡くなってしまっているけど、
あの映画に出て来る役者さんたち、皆素敵ですよねー。

あの「キャル」の頭は亡くなってしまったけど(あの俳優さん、今でも活躍してます)。
そういうのを見ていくのも楽しいんです。
毛糸とディカプリオが有名になったのもあの映画だし。

毛糸はあの映画の撮影中に肺炎になったし、ずっとプールのなかにいて本当に大変だったそうです。
テーマソングなんか聞くと頭痛くなるんですって笑
当時は体重のことばかり言われて嫌だったとか、
どうして自分が選ばれたか分からないとか、、、面白いエピソードがたくさんあります。
ほんっとに皆に愛される映画なんだなー、あの映画。

でももう二度と沈んでほしくないので、今度は無事に航海してほしいですね。

ペンダント

ペンダントのトップを作ろうと思いまして、なにかと奮闘中なのですが、
おアーツがスカスカになってしまって、、、慣れですかね。
何度かやっていくうちにうまくれるかな?

ペンダントトップだけではなくて、いろいろなものに挑戦しています。
器用でもないし、好きでもなかったけど、なんだかハマってしまったのです。
accessory売り場なんて除いたこともなかったこの私がですよ。
人生は何があるか分からないですねー。

そういえば、「俺は絶対結婚なんかしない!」って言ってた奴も最近結婚しました。
どうしてかって、単なる信教の変化なんですって。
そんなこともある、だから私が急に今までは興味なかったものでも、
こうしてハマるまでになったのは不思議でもないのかも。
そうなのだよ、不思議じゃないのだ。
不思議だとしても、いいじゃないか!

道具の使い方も、どうやら慣れたらうまくなるってどこの人も言ってます。
練習を重ねるしかないですね。
昼間の明るい時に頑張ってやってみますよーー。
あー目がしょぼしょぼする。。笑

裁判の内容

映画を見てて思ったのですが、過去にさかのぼって「あの裁判って・・」
ってもし思ったら、その裁判記録って見る事が出来るのですね。
見られないようにする手続きも出来るらしいです。
こんなこと、知識がなかったら出来ないですねー。
誰か助言してくれるのだろうか。

映画の中でも、紙に何か書き込んで「これをお願いします」的に書類を見せてもらうシーンがあって、
あーやって裁判記録って見てるんだ、、って思ったものです。

特に気になる裁判などありませんけど、新聞記者などは必要に応じて
あういうやる方で見てるんでしょうねー。

「理由」を記入するところもあるようです。
でも「調査」とか「勉強のため」とか、なんでもいいみたい。
あとは名前、免許証など、数百円の手数料、これだけのようです。
見たい資料があったらこれで見る事が出来ます。
「見たい辞令」は、裁判になってる人の名前も必要なので「あの日のこんな事件」だけではダメみたいです。

あの酒井法子さんは「見られないようにする手続き」を行ったと聞いたことがあります。
彼女の場合は確かに嫌かも。誰でも嫌ですけど。。
ということで、そういうことがなかったら誰でも裁判記録は見る事ができます。

時差

他の国と日本では時差があって、その差が大きいと電話とかの調整が難しくなる場合があります。
さて、そのことを何度も伝えている人から
「この時間に電話します」とか
「この時間ならスカイプ会議できます」とか言われて毎回閉口。。

その時間は真夜中で出来ないんです!!!

逆にこちらが「この時間では?」なんていえば、言ったとしたら、
「失礼な人だなー」って思うはずです。
同じなのです。
しかも、何度も行っているのにまったく聞いてない。ここが問題だ。

時差を常に頭に入れて、ではないけど、時差というものがある、は覚えててほしい。
自分の都合だけで言ってくれるな。です。

日本人は、国内に時差がないし、あまり時差について知識がないように思う。
どこかに行けばそれが実感として分かる事はあるだろうけど、
普段は関係ないですからね。
オリンピックで時差を設ける、って話もあったけど流れたでしょ?
あれはsummerタイムをその年だけ作る、とかそんなんでしたが、
およそ無理があると思うのです。

普段そんな馴染みがないんですから。
でも、もし相手が外国にいたら、時差があるんだよ、って事は覚えていてね!

アクセサリー

日本でアクセサリーと言えば、ネックレスとかピアスとかですが、
英語だとカー用品とかになってしまうんです。
アクセサリー売り場はどこですか?って聞くとカー用品売り場に連れて行かれると思う。

ではなんていうのか?
ジュエリーですね。
その、ジュエリーのパーツを外国で探しています。
アマゾンでもいいんだけど(笑)日本にはないものを外国のお店で見たくて。
品質も気になるところですね。日本製がいいかもだけど、日本で売られているものだって
あんがい中国製品とかも多いし、ヨーロッパのものでも安くていいものがありそうなんです。

安くても質が悪ければだめだし、高くても質がいいとも限らない。
自分の目で確認しないとどうもダメな性格で困る。

ということでいろいろ四苦八苦してますが、やるしかないのです。
さてアクセサリーですが、日本人に限らず女子は好きですね。
アクセサリーのお店にはいつも人がいっぱいです、リングのところにはカップルも、、うふ!
どうしてあういうものにお金を払うのあきょく分からないけど、好きなようです。
(アクセサリーに興味ない)
カー用品の方がいいくらいだ。

あ、、、お後がよろしいようで(!!)。
(そうじゃない??)

不登校の家は・・

子供が不登校になりそうな時に、学校に相談にいったら、渡された本があったそうです。
その本は「不登校になる子供の家はちらかっている」という内容だったそうです。
ちらかっていたのかもしれないけど、
だからって子供が不登校になるとは限らないよね。

その家族は、学校と円を切り、別の自由で自然がいっぱいの学校に転校したら、
子供の不登校は収まったようです。

難しいのですけど、学校側の対応に問題があるって、親が判断した場合は天候もいいのでしょう。
学校は態度がかわらないのだったら。
まるで不登校になるのは子供と親が悪いみたいな。

だいたいは学校に問題があったのに。
このケースではね。

知り合いにも不登校になった子を持つ親がいます。
兄弟がそうだった、とかもいます。
昔は学校側の対応なんてなにもなくて、すべて家族がサポートしてたみたい。

でも、不登校になる子供の家庭環境がどうとか、、、
原因はそれだけじゃないからね、
難しいけど、軽くそんなこと言ってはいけないね。

新幹線

新幹線でのマナーなど言われておりますが、なんと子連れ専用車両なんてあるんです?
噂だけ?構想だけだったのかな?
ちらっと聞いて記憶にあったのですが。

もしそれがあるとして、ですが、そこが埋まるにはたくさんの子連れが載らないともったいない。
他の人も乗れるのならいいけど。
(もちろん、子連れ車両だって理解した上で乗る、って了解を得るんでしょうね、この場合)

新幹線でもどこでも子供が騒いだり泣いたりするのは仕方ないことなのに、
とうとうここまで来たか、、というのが正直な思いです。
問題は「なにもしない親」に向けられているようですがね。
ベビーカー持ってるだけで何してもいい的な雰囲気がママ同士であるみたい?
でも一般の人には通じないですね。
お互いの理解が必要であって「子供いるんだからしょうがない!」
みたいな態度は指示されませんな。
また逆に「子供がいるからって偉そうにするな!」も、マナー違反です。
人間としてね。

かつては自分も子供だったんですよ。
覚えてないだけでね。
ただ、大きな声で騒いだりしたら親から怒られていたはずなんです、
それをしない人に対して怒りがわくのではないかな、と思います。
いかがでしょうか?