時差

他の国と日本では時差があって、その差が大きいと電話とかの調整が難しくなる場合があります。
さて、そのことを何度も伝えている人から
「この時間に電話します」とか
「この時間ならスカイプ会議できます」とか言われて毎回閉口。。

その時間は真夜中で出来ないんです!!!

逆にこちらが「この時間では?」なんていえば、言ったとしたら、
「失礼な人だなー」って思うはずです。
同じなのです。
しかも、何度も行っているのにまったく聞いてない。ここが問題だ。

時差を常に頭に入れて、ではないけど、時差というものがある、は覚えててほしい。
自分の都合だけで言ってくれるな。です。

日本人は、国内に時差がないし、あまり時差について知識がないように思う。
どこかに行けばそれが実感として分かる事はあるだろうけど、
普段は関係ないですからね。
オリンピックで時差を設ける、って話もあったけど流れたでしょ?
あれはsummerタイムをその年だけ作る、とかそんなんでしたが、
およそ無理があると思うのです。

普段そんな馴染みがないんですから。
でも、もし相手が外国にいたら、時差があるんだよ、って事は覚えていてね!

アクセサリー

日本でアクセサリーと言えば、ネックレスとかピアスとかですが、
英語だとカー用品とかになってしまうんです。
アクセサリー売り場はどこですか?って聞くとカー用品売り場に連れて行かれると思う。

ではなんていうのか?
ジュエリーですね。
その、ジュエリーのパーツを外国で探しています。
アマゾンでもいいんだけど(笑)日本にはないものを外国のお店で見たくて。
品質も気になるところですね。日本製がいいかもだけど、日本で売られているものだって
あんがい中国製品とかも多いし、ヨーロッパのものでも安くていいものがありそうなんです。

安くても質が悪ければだめだし、高くても質がいいとも限らない。
自分の目で確認しないとどうもダメな性格で困る。

ということでいろいろ四苦八苦してますが、やるしかないのです。
さてアクセサリーですが、日本人に限らず女子は好きですね。
アクセサリーのお店にはいつも人がいっぱいです、リングのところにはカップルも、、うふ!
どうしてあういうものにお金を払うのあきょく分からないけど、好きなようです。
(アクセサリーに興味ない)
カー用品の方がいいくらいだ。

あ、、、お後がよろしいようで(!!)。
(そうじゃない??)

不登校の家は・・

子供が不登校になりそうな時に、学校に相談にいったら、渡された本があったそうです。
その本は「不登校になる子供の家はちらかっている」という内容だったそうです。
ちらかっていたのかもしれないけど、
だからって子供が不登校になるとは限らないよね。

その家族は、学校と円を切り、別の自由で自然がいっぱいの学校に転校したら、
子供の不登校は収まったようです。

難しいのですけど、学校側の対応に問題があるって、親が判断した場合は天候もいいのでしょう。
学校は態度がかわらないのだったら。
まるで不登校になるのは子供と親が悪いみたいな。

だいたいは学校に問題があったのに。
このケースではね。

知り合いにも不登校になった子を持つ親がいます。
兄弟がそうだった、とかもいます。
昔は学校側の対応なんてなにもなくて、すべて家族がサポートしてたみたい。

でも、不登校になる子供の家庭環境がどうとか、、、
原因はそれだけじゃないからね、
難しいけど、軽くそんなこと言ってはいけないね。

新幹線

新幹線でのマナーなど言われておりますが、なんと子連れ専用車両なんてあるんです?
噂だけ?構想だけだったのかな?
ちらっと聞いて記憶にあったのですが。

もしそれがあるとして、ですが、そこが埋まるにはたくさんの子連れが載らないともったいない。
他の人も乗れるのならいいけど。
(もちろん、子連れ車両だって理解した上で乗る、って了解を得るんでしょうね、この場合)

新幹線でもどこでも子供が騒いだり泣いたりするのは仕方ないことなのに、
とうとうここまで来たか、、というのが正直な思いです。
問題は「なにもしない親」に向けられているようですがね。
ベビーカー持ってるだけで何してもいい的な雰囲気がママ同士であるみたい?
でも一般の人には通じないですね。
お互いの理解が必要であって「子供いるんだからしょうがない!」
みたいな態度は指示されませんな。
また逆に「子供がいるからって偉そうにするな!」も、マナー違反です。
人間としてね。

かつては自分も子供だったんですよ。
覚えてないだけでね。
ただ、大きな声で騒いだりしたら親から怒られていたはずなんです、
それをしない人に対して怒りがわくのではないかな、と思います。
いかがでしょうか?

The whole truth

ほかの映画のDVDのはじめに、いくつかの予告編が流れますよね?
あそこで気になる映画がありました、まだ見てませんが。
それがThe whole truthという映画です、邦題は知りません。
予告なので2~3分程度にまとめられているんだけど、なんだか見たくなる感じ。

キアヌ・リーブルが出ています。
大?電返しがあるとのネタバレ情報もありますけど、私はまだネタバレも見てなくて、
想像だけでこの数日過ごしています。
早くみたい。

人が殺されるんですけど、その殺された人の奥さん役が、
あの「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニーです。
それもあって見たくなりました、別にキアヌはどうでもいいの(笑)。
レニーが好きなんです。
さて、予告だけでも、そのレニーは自分で自分を記事うつけているのが分かります。
殺された旦那さんが暴力をふるっていたのではなくて、どうも自演自作したみたい。
でも殺したのはレニーじゃない、という話。
どこが「whole truth」なのか分からないけど、でも見応えのある感じのものです。

もう見ましたか?
犯人、言わないでね笑。

どうして?

先日、ネットでのニュースを見ていて「そういえばどうして?」って思ったのですが、
和田アキ子さんも、ネットでの描写は「絵」ですね。
社しいが出せない理由があるのか、ジャニーズみたいに肖像権とかなんとかで出せないのかな。
ちょっと不思議で。

和田アキ子さんだけでもないかもだけど、あの取り決めってどうやって誰がするんだろう。

そうかと思うと、一般人の顔はばんばん出すでしょ、
ちょっとでも映り込んでいたら公に出してはいけないと思うんだよね。

誰がどういう経路であれをするのか。。。
一般人はどうせ分からないからいいとか、、そんなこともないし。
ちゃんとしてくださーい。

とはいっても、一般人が撮った有名人の写真を出してる例もあるわけで。
規制なんかしても追いつかないのでしょうけど、でも、何か決まりがあるのなら
損p人の顔を出そうとした瞬間に
「この人は出てはいけない人です」
って警告が出きるとか(そんなこと出来たらすごいけど!)
そんな時代になったらいいのかも?

それをするのは日本であってほしいな、とも。
やはり日本はハイテクな国で有名だから。

ところで、和田アキ子さんも出てはいけない決まりがあるのね??
ここは知りたい!
知ってる人教えてくださーい。

スパイ

スパイって、アメリカとかそういうところのお話しだけのようで、
実は日本にもいるという噂です、、というか、いた?事実?・・・かな。
昔はあった、みたいだ、、ということもあるけど、今もそういう機関はあるらしいのです。
というか、皆さんは知ってて「そんなの当然」かもです、、私は知らなかった。

公安、というのがそうだ、っていいますねー、本当ですかー?

有名なのは「宮永スパイ事件」だそうですが、これすら知りませんでした。
知ってました?

何年か前に日本人のスパイが中国で捕まったっていう事件がありましたね、
そういえばあの事件はどうなったんだろう??、、、この時、日本はこれを否定しました。

断じてそんなことはしていないって。
でも、だったらどうして捕まったのか。
それに、だいたいこういう時って「スパイなんかしてない」って言うでしょ?
歴代、最初から認めることってないよね?
そして密かに助けられてなんとなく忘れさられていく、、、陰謀みたいに。
あくまでも「そんなことはない」というせいふと、「そうだ」とする相手側の政府。おもしろいな。

映画みたいだ、ってか、映画になるんじゃないこれ?
映画になったら見ますよ、、、よろしく笑

新しい事

なにか新しい事を始めるのは勇気がいるけど、デモ楽しかったりする。
知らない知識が増えたり、あらたな人間の出会いもあったり。

それが新しいビジネスだとお金のこととかもあって大変だけどね。

でもそうじゃないケースでは、楽しいだけで理s区はない。
もちろん労力は使うし、時間もかかるけど、なんだかそれがいいんだなー。
そういうのが好き、んあんですね。
そうじゃないと出来ないし。

さてそんな新しい事にt里組む日々ですが、それは必ずしも成功しなくてもいいんです。
生きがいだから。
ボランティアだから。
でも、嫌な気持ちになるのは避けたい。
心ない言葉をいう人がいたり、そんな気はなくても嫌味に聞こえるkとおいってきたり。
そういうことがあるとめげます。
心がおかしくなると体調まで悪くなるのがやっかいですね。

そんなことがないように、日ごろからメンタル面も鍛えなくては、と思っていますが、
時々弱気ってものがでてきたりもします。

新しい事に取り組むと、一瞬きえるんですけど、そのやることに対して批判があったり。
どうしていいか分からなくなることもあるけど、
とにかく前をむいていくだけです。

がんばるぞーーー。

通院中

「通院中です」っていう謎の言葉を入れたメッセージが入ってきたことがあります。
知らない人です。
おかしな人ですねー。
なんの通院中か知らないけど、おかしなメールは迷惑です。

こちらもそう思われてる(??)のかもですが、会社に問い合わせをしてもまったく返事のないことがあって困る。
私は通院してないし、おかしなメールを投げたわけでもないのに。

メールがyp間れていないか、相手にされていないか、ですね。
悲しいわ。
よくあるのですが、こういうのは電話するしか手はなくて、
でも電話番号載ってない、てな事が多い。
なので聞きたいことは一生聞けず、結局「おかしな」ところにいきつくこともある。
ちゃんと機能させてほしいなー。
さて「通院」に戻ると。
「通院してる」っていっても、何で通院してるのか分からない。
心の病なのは想像つくけど、でも想像でしかない。

身体の調子がおかしいのならば直せばいいだけのことで、私に変なメール送ってきてもそれは直らないでしょう。

おかしな人って本当にいるもんなんだな、って思ってます。
気を付けましょう。

インスタ映え

いまやどこもかしこもインスタ映えが基準になってるとこあって、
インスタ映えするような場所やメニューを考えて出してる。
ねーねー、味は?って思う(笑)。

さてその「インスタ映え」ですが、英語ではインスタマブルなどといっています。
意味は同じだけど、そのために造ったもの、を対象にしてなくて、やはりそれを撮る人の腕によるといいますか。。
商売に関係していくのがアジア人、なのかなー。
大阪気質?

知り合いもインスタをやっていますが、もっぱらビジネスで使っているようです。
拡散力はないので、知り合いや繋がってる人たけに伝わればいい、ということでしょうか。

そんなインスタですが、自分には何がそんなに楽しいのかさっぱり分からず。
でもたまーに人の(知り合いの人)は見ています、やっぱり何が楽しいのか分からないんだけどね。
そんななかに「インスタ映え」するものはありません、あしからず。そういうのはどうでもいいみたいな感じのアップの仕方です。
そこまで気にしてないってことでしょうかね。

でも多くの人は気にしてる。
インスタ映え狙いで遠くまで行ったりもしてるらしい、、すごいなー。
私には出来ないな。
行きたいところへ行くのはいいけど、インスタの為ってのはねぇ。。。